2007年12月10日

第13回メッセージ出力処理の説明

前回作成した処理終了メッセージのソースコード
について説明します。

MsgBox "処理が終了しました。", vbOKOnly + vbInformation, "インフォメーション"

上記が処理終了メッセージを出力しているソースコードです。

まず、MsgBox
今回は、MsgBoxステートメントを用いてメッセージを表示
しています。

次に"処理が終了しました。"
ここに、表示したいメッセージを"で囲んで設定しています。

次にvbOKOnly + vbInformation
vbOKOnlyはOKボタンのみ表示させたい時、設定します。
vbInformationはインフォメーションである事を表す
iをデザインしたアイコンを表示したい時、設定します。

最後に"インフォメーション"
ここで設定した内容がタイトルバーに表示されます。

次回もメッセージについて説明していきます。

ではまた・・・
posted by ぷろぐらまー at 04:09| Comment(0) | TrackBack(1) | 入門偏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ようこそEXCELの使い方ブログへ
Excerpt: EXCELの使い方ブログです。 左のメニューから項目を選んでください。
Weblog: na×5のblog
Tracked: 2008-01-28 17:05
Google
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。