2007年12月27日

第20回マクロの動作確認

マクロを作成した後、
当然動作確認をする必要があります。

今回は、第18回の重複エラーチェック処理の
テスト方法を考えてみます。

このマクロは最初に1行1列が未入力か
チェックを行います。
その為、下記のテストケースが必要です。
@1行1列が未入力の場合
A1行1列にスペースのみ入力されていた場合

次に1行1列に文字列が入力されていた場合は、
F列に同じ文字列が存在するか検索します。

その為、検索できなかった場合と検索できた場合の
それぞれについてテストケースを考えます。

F列から検索できなかった場合として、
下記テストケースが必要です。
BF列が0件の場合
CF列が1件の場合
DF列が2件の場合

また、F列から検索できた場合として、
下記テストケースが必要です。
E1行1列とF列の1行目が同じ文字列の場合
F1行1列とF列の2行目が同じ文字列の場合
(FのF列の1行目は1行1列とは別の文字列を設定する)

@〜Fまでのテストケースは最低限必要だと思います。

ではまた・・・
posted by ぷろぐらまー at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 入門偏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Google
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。