2007年12月31日

第22回定数を使った処理の説明

今回は前回作成したマクロの説明をします。

前回作成したマクロは、1行1列に入力した数値が
70以上なら合格、70未満なら不合格と表示します。
(第5回と同じ処理です)

現状は70以上で合格となるわけですが、
例えば、30以上で及第点、30未満で落第点
とマクロの仕様を変える必要になるかもしれません。

仕様変更が必要となった場合、当然ソースコードの
修正が必要となります。

第5回のソースコードであれば、ソースコードの解析
が必要となります。

前回のソースコードであれば、ソースコードの解析は
必要ありません。
定数に設定した値を変えるだけで十分です。

具体的には、前回のマクロの下記部分

'*********** 環境設定 ***********
'合格基準点
Const hantei As Integer = 70
'合格時のメッセージ
Const ok_word As String = "合格"
'不合格時のメッセージ
Const ng_word As String = "不合格"
'***********************************

を次のように変更するだけです。

'*********** 環境設定 ***********
'合格基準点
Const hantei As Integer = 30
'合格時のメッセージ
Const ok_word As String = "及第点"
'不合格時のメッセージ
Const ng_word As String = "落第点"
'***********************************

定数は変数に似ていますが、
@宣言時にConstを先頭につける
A宣言時に値を代入する
B宣言時に代入した値を別の値に代入しなおす事
はできない

といった点で変数と異なります。

第5回の時には、判定条件である70、
表示文字列である合格、不合格をそのまま
ソースコードとして記述していましたが、
前回の様に定数とする事でソースコードの解析の
必要がなくなりました。

修正しやすいマクロを作成するために
定数を活用してみて下さい。

ではまた・・・
posted by ぷろぐらまー at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 入門偏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Google
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。