2008年01月03日

第24回マクロの環境設定の説明

今回は前回作成したマクロの説明をします。

前回作成したマクロは、判定条件である70、
表示文字列である合格、不合格を
シート上で設定しています。

その為、判定条件や表示文字列を変更する場合、
シート上に設定した値を変更するだけです。

ただ、変更しやすい反面、だれかにいじられる
可能性も高くなります。

ソースコードについては、シート上で設定した値を
変数に格納して処理を行っています。

定数ではなく変数を使う理由は、
定数はシート上で設定した値を格納できないからです。

尚、判定条件や表示文字列を格納する場所として、
テキストファイル、データベース等もあります。

状況に応じて使い分けて下さい。

ではまた・・・
posted by ぷろぐらまー at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 入門偏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Google
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。